逆寅次郎はタナトスを抑えられるか?

尺八の話題がホットエントリーになっていたのでインコグニートのモーニングサンも聴いてほしいと思った

いつも通りはてなのホットエントリーをチェックしてると、こんな記事があった。

 

[B! 増田] 尺八が理不尽にディスられていて開いた口が塞がらない

 

元増田であればこうした楽器特性に不満を抱いて「楽器の方でなんとかしてくれよ」と思うのでしょうが尺八はこの楽器としての不完全さを逆に特徴として他のエアリー楽器にはない特有音色を出しているのです。

 

そうそう、自分は別に音楽とか詳しくないけど、尺八の独特の音色は好きだな~。

ハウスをよく聴いてるが、たまに尺八も登場する。

特にこれがカッコいい。

 

Incognito – Morning Sun (Dim’s Disco Classic Re-blend)

 

尺八が使われてる。6分過ぎた辺りな。

誰か知らないけど、こういうレビューもあったし。

 

これもノリノリのハウスナンバー。ブレイクのギターと尺八音のからみもカッコよい。コレもシングルカット期待。

 

あれ、でもライブバージョンだとフルートだった。

 

普通に音源聴いたら尺八に聞こえるんだけどなー。

尺八奏者いなかったから、フルートで代用したんでないの。

 

これも尺八に聴こえるんだよ、北欧のハウスミュージック。

 

Physics – Viva L’Amore

 

2分45秒を過ぎた辺り。これは尺八か?フルートか?

わからないけど。判る人いたらコメント欲しいな。

Copenhagen Airport-Departure」ってアルバムに入ってた。

 

日本人アーティストだとJazztornikの「En:Code」とかな。

これは満遍なく尺八が出てくる、フルートってことはないだろう。

 

以上の3曲は、増田が書いてた「枯れた音」「渋い音」が出ていると思う。

 

この曲はフルートだ、

 

Jamiroquai – Stillness in Time

 

Follow Through feat. Roman Tome (Flute Dub) by Kwality Kontrol

 

「枯れた音」「渋い音」って感じではないような。

 

例えるなら尺八の方がなんかワイルド、野趣があるジビエ料理みたいな感じで、フルートはなんか魚に隠し包丁入れてる和食みたいな。

尺八はドワーフが吹いてて、フルートはフェアリーが吹いてる。

そんなイメージ。

“尺八の話題がホットエントリーになっていたのでインコグニートのモーニングサンも聴いてほしいと思った” への2件のフィードバック

  1. 尺八増田です。ブコメありがとうございました。早速動画を拝聴いたしましたが、残念ながらこれらは尺八の音ではないですね…。各音の倍音構成や反響具合から推測するに、おそらくアイリッシュフルートかパンフルートが一番近いと思われます。でも尺八で吹いても面白そうです。世界が広がりました。ありがとうございます。

    • コメントありがとうございます。
      そうだったんですね!
      自分は音楽は聴くだけで詳しくないので尺八に聴こえました。
      詳しい方の見識を伺えてよかったです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人:逆寅次郎
東京在住のアラフォーのおっさん。大学卒業後、出版業界とIT業界で、頑張ってサラリーマンを15年続けるも、他律的業務と人間関係のストレスでドロップアウト。日銭を稼ぎながらFIREを夢見る怠惰な人間。家に帰っても家族もおらず独り、定職にも就かずにプラプラしてるので「寅さんみたいだな…」と自覚し、「でもロマンスも起きないし、1年のうち誰とも喋らない日の方が多いなぁ」と、厳密には寅さんとはかけ離れている。だけど、寅さんに親近感があるので”逆寅次郎”として日々を過ごし、孤独な独身者でも人生を充実させる方法を模索しています。