逆寅次郎はタナトスを抑えられるか?

歯医者さんの話によるとガムは歯によくないらしい

甘いものを食べると歯の奥歯が染みた…そんな経験はないか。

実はそれは、自分では気づかない内に、歯に力を加えているからかもしれない。

その点について、歯医者さんに相談してみたら、答えが判った。

何か嫌なことがあったとき、ムッとしたとき、歯をくいしばることがあると思う。
舌を切らないように…「歯を食いしばれ!」と、昔ながらの熱血先生がビンタする前、言ってるようなことがあるけど。
この食いしばった状態、までいかなくても、歯に圧力がかかっている状況だけでも!

実は良い状態ではないということ。

 

プラスチックの物差しが折れる瞬間に白い筋が入るのと同様に、歯に圧力をかけると、歯に亀裂が入ったり根元が削れたりし、知覚過敏になるみたい。
それが食事の際にいつも、というわけではなく周期的に起こる場合は。

カルシウム等によって歯が修復されるからみたいで。
ただ、その修復が追い付かないくらい、歯を重ね合わせていると、どんどん歯が弱くなっていくとのこと。

 

対策として、例えば、パソコンのキーボードを打っている時、Enterキーを押す時に思わず力が入り、歯と歯を重ねていないか?等、上下の歯の接触具合を、何かのきっかけでもよいので意識すること。

また、大きく息を吸い深呼吸。

歯に力が入っているときは、首や頬の筋肉に力が入っていることが多いらしい。

首・頬の筋肉を弛緩させるために、深呼吸を取り入れて仕事をするのもいいんだって。

 

それゆえ歯医者さんからすると、ガムは本当にいけないって言ってた。

上下の歯がぶつかり合って、歯が傷つくからであると同時に!

ガムに含まれる糖分、これが本当によくないとのこと。

もちろん、生きるために糖分は重要な栄養素でもある。

このサイトでは糖質制限を推してはいるけれど。

ただ、糖は虫歯菌(ミュータンス菌)の栄養素である。

お菓子に関わらず、果物に含まれる果糖、ヨーグルトに含まれる乳糖など、ミュータンス菌にとっても糖は生きるために必要な栄養。

 

ではどうすればよいかというと。

歯医者さんによれば「ながら食いをしない」「口の中を無糖の飲み物ですすぐ」こと、これが大切だという話だった。
ミュータンス菌は、糖分やでんぷんから自分たちに必要なエネルギーを作る際、分解のために酸を出す。

この酸がじわじわと歯に悪影響を及ぼし、虫歯を生み出すというわけ。

 

もちろん、口の中が酸性になったとしても、唾液の働きで中性に戻してくれるみたいだけど。

それには30~40分の時間を要するとのこと。

それゆえ、だらだらとお菓子や食事を何回も行っていると、口の中が酸性になってしまう時間が長くなり、歯に悪い状態が続いてしまうってわけだ。

 

甘いものを食べたら「あ、今、口の中が酸性になってるな」と意識し。
無糖の水やお茶で口をしっかりゆすぎ、健康な歯を保つ。

 

虫歯になって諸々のパフォーマンスを落とさないよう、甘いものには要注意だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人:逆寅次郎
東京在住のアラフォーのおっさん。大学卒業後、出版業界とIT業界で、頑張ってサラリーマンを15年続けるも、他律的業務と人間関係のストレスでドロップアウト。日銭を稼ぎながらFIREを夢見る怠惰な人間。家に帰っても家族もおらず独り、定職にも就かずにプラプラしてるので「寅さんみたいだな…」と自覚し、「でもロマンスも起きないし、1年のうち誰とも喋らない日の方が多いなぁ」と、厳密には寅さんとはかけ離れている。だけど、寅さんに親近感があるので”逆寅次郎”として日々を過ごし、孤独な独身者でも人生を充実させる方法を模索しています。