逆寅次郎はタナトスを抑えられるか?

恵那市でいいね!霧さえも、城の一部と化す日本三大山城「岩村城跡」

名古屋駅だったでしょうか、構内で見かけました。

 

 
岐阜県恵那市の観光ポスター。
「行ってみたいなぁ」と思って、思わず写真を撮りました。
 
説明書きには以下のように記載がありました。
 
大和の高取城、備中の松山城と並び、日本三大山城の一つに数えられる、美濃の岩村城。本丸は標高717mと、江戸諸藩の居城としてはもっとも高所に築かれていました。現存するのは磁石や石垣ですが、それでも迫力は十分。
石垣の総延長は1.7kmにもおよび、複雑な山の地形に合わせて、約4万個の石が積み重ねられています。また霧が発生しやすい気象までもが築城に活かされ、別名・霧ヶ城とも呼ばれるほど、霧がかった石垣の風景は、まさに神秘的かつ幻想的です。
 
岩村城下町の写真、「ああここも行きたいなぁ」とおもってパシャっと。
 

かつての繁栄の面影を色濃く残す商家が建ち並ぶ、岩村城下町。その町並みは国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、その後の電線地中化によってさらに往年の風景に近づきました。

そぞろ歩くと、そこかしこで出会えるのは、岩村藩士の子として生まれた儒学者・佐藤一斎の詩碑や著書「言志四録」(げんししろく)から引用された一節が書かれた木板。
そこには、いまも郷土の偉人を敬い、慕う、町の人々の気持ちがあらわれています。
ちょっと前にSNSで話題になっていた「liminal space」感のある写真って感じですよね。
 
[B! 写真] 海外で流行りの「liminal space」と呼ばれる写真の構図の空虚さが素敵…「日本における『女神転生』」「backroomのこと?」など – Togetter
 
佐藤 一斎(さとういっさい)という人のポスター、ブレてますが。
 

 

安永元年(1772年)生まれ、美濃国・岩村藩出身の儒学者、佐藤一斎。儒学の大成者として幕府から認められ、その高い知性によって尊敬を集めました。彼の後半生をかけて書かれた「言志四録」(げんししろく)は、知識人や文化人、政界人の座右の書として活用されています。
とりわけ多大な影響を与えたのは、勝海舟、西郷隆盛、吉田松陰、坂本龍馬など、幕末や維新に活躍した人々。一斎の珠玉の言葉が、世の中を動かす力を生み出したといえるでしょう。
 
恵那市の偉人なんですね。
 
ブレ写真といえば、KANA-BOONの古賀隼斗さんが「有吉反省会」で、ブレてる写真への情熱を語っていて面白かったです。
 
KANA-BOON詳しくないですが「結晶星という曲は一時期よく聞いていました、いい曲ですよ。
 
昨日(2021年10月5日)の東京都の新型コロナウイルスの感染者数は144人で、火曜日では今年最小とのことでした。
収束の兆しなのかもしれません。
 
第6波が来ることなく、また県外に気軽に行けるようになればいいのですが…。
 
 
にあった空港も港もない岐阜県、だけど魅力はいっぱいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

管理人:逆寅次郎
東京在住のアラフォーのおっさん。大学卒業後、出版業界とIT業界で、頑張ってサラリーマンを15年続けるも、他律的業務と人間関係のストレスでドロップアウト。日銭を稼ぎながらFIREを夢見る怠惰な人間。家に帰っても家族もおらず独り、定職にも就かずにプラプラしてるので「寅さんみたいだな…」と自覚し、「でもロマンスも起きないし、1年のうち誰とも喋らない日の方が多いなぁ」と、厳密には寅さんとはかけ離れている。だけど、寅さんに親近感があるので”逆寅次郎”として日々を過ごし、孤独な独身者でも人生を充実させる方法を模索しています。