逆寅次郎はタナトスを抑えられるか?

回転寿司「魚魚丸 豊橋店」で三河湾の恵みを堪能!豊橋駅から豊鉄バスでも行ける

豊橋駅の西口、ニュー東洋ホテル2に泊まって、次の日の朝。
交差点を歩いていると「明海埠頭(あけみふとう)」の看板が見えた。

埠頭に行けば、綺麗な灯台があるかもなぁ」なんてね。
灯台といえば、真心ブラザーズのサマーヌードよ。

灯台の♪ピンスポットライト♪ほこらしげ~」という美メロを流しながら、僕ら今、はしゃぎすぎている!夏の子どもに、なりたいなぁって。

 

否!

何夢見てるんだって話よ、ソロのくせにね…。

 
独りで海の方に行っても寂しいだけかもしれないからな。
やっぱりソロの楽しみの王道はグルメ、寿司でも食いに行くことにした。
豊鉄バスの「中郷」っていうバス停から、デンソー前に行くバスに乗る。

 


藤沢町というところで途中下車、寿司屋はすぐそこだ。

 

 

「むさし丸」に来た。しかし、近隣には別の回転寿司屋もあるみたいだ。

 

「魚魚丸」(ととまる)というらしい。

やっぱりここでメシ、食うで~。
場所はここ。

〒441-8059 愛知県豊橋市柱五番町116−1

入店の際に、この店の名物を把握した。

 

 

 

焼穴子、サバフグ、これは必ず注文する。

 

平日だから無料のみそ汁、サービスだ。

 
今日は月曜だから、さっき乗ったデンソー前に行くバスで、働きに行ってる人も大勢いるだろうな。しかし自営業のいいところ、俺は平日の昼間っから寿司を食らったる。
 
ただ、デンソーで勤めるぐらいのエリートとは所得が違うので、財布には注意しながら注文していかないといけない。メニューはタッチパネル式、ポチポチ見て行く。

 

 

 

 

まぐろと名物焼玉子、 サバ西京焼き押し寿司と生サバ、まずはこの布陣だ!

 

いいね~、卵はなんと、湯気が立ってた。作りたてなのかもしれない。
味もよかった、甘すぎない感じがステキ。
作りおきのを玉子焼きを出す回転寿司チェーンの卵は、甘すぎる場合があるからな。
まぐろと生サバも美味い。

 

サバの西京焼き押し寿司は、鯖の臭みもなく、食べやすいな。弁当に詰めて、海沿いで食うのにぴったりよ。

 

さて、お次はとレーンを眺めていると。
春ブリというのがあるようだ。ぶり鉄火も気になるな。

 


サバは堪能したので、お次はブリよ!
あと、揚げ物も食べちゃうぞ。

 


稚鮎の唐揚げ、白えびの天ぷら、どちらにするか悩ましい…白えびは食べたことある、稚鮎にしよう。
 
馬肉のどて煮も、食べたこと無いし食ってみるか。

 


ブリ来た、うま~!


春ブリ、初めて食べたかもだけど、美味いかも。
冬のブリよりも脂がしつこくなくて、さっぱりして食べやすい。
後味スッキリのアメリカン珈琲みたいな。冬のブリは濃厚エスプレッソね。

ぶり鉄火も、大葉かネギが判別つかないけど、食べやすいね。
変わり種の、馬肉のどて煮。

 

 

これは美味い、普通の牛筋どて煮よりも肉が淡泊で食べやすい。
淡泊と言っても、決してパサパサなササミ肉と思っちゃあいけない。
柔らかくて、でも角煮みたいな感じとは違って、牛ホルモンに近いかな。でもホルモンよりも食べやすいよ。

 

 


稚鮎の唐揚げ、これははらわたの苦みが少し強いかな。
でも寿司におけるガリ的なアクセントになっていいな。
 
そしてこれが、入口でみかけた、さばふぐ。

かなり食べやすい。さばよりも癖が無いし、鯛みたいな。
でも鯛よりも少しブヨッとしてるかな、マンボウみたいな。
でもマンボウより美味いよ。
けどもみじおろしは、無しでよかったかなぁ、素直で染まりやすい子だ、このサバフグは。


サーモン頼んでなかったな。好きなメニューなのに。
でも、

 
昔から愛知県の回転すしはサーモンにはマヨ玉ねぎって決まっています。大阪や東京に行って何か物足りない…あっマヨタマがない!最近は増えましたが。

 
って書いてて、サーモンにマヨとたまねぎが載っててスルーした。
マヨ苦手なんだよな。マヨかかってないこっちにしよう。


霜降りハラスサーモン、限定メニューってのもいいね。

 

 


こっ、これは失敗だった…自分は苦手だ。
炙り系のメニューを頼むとありがちなんだけど、魚の脂が多過ぎて、しんどくなるのね。
脂は控え目の方がいいなぁ。
脂の甘味によって、酢飯やネタの甘味とか旨味が台無しになるのが嫌だからな。

こっちは正解。中とろ、美味いわ。
名物の焼穴子でシメ、これも美味い!

温かいから、作り立てなのかな、最高ヨ。
満足満足・・・( ^ω^)と思いきや、忘れてた!

 

いなり食くうの忘れた。豊橋市の隣、豊川市の名物なのにね…。
シャア専用、「赤い彗星」も食ってないわ。

 
魚魚丸の「赤い彗星TUNA(ツナ)」ってなんなんだ? | 名古屋B食倶楽部 – 楽天ブログ

 
また別の機会だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人:逆寅次郎
東京在住のアラフォーのおっさん。大学卒業後、出版業界とIT業界で、頑張ってサラリーマンを15年続けるも、他律的業務と人間関係のストレスでドロップアウト。日銭を稼ぎながらFIREを夢見る怠惰な人間。家に帰っても家族もおらず独り、定職にも就かずにプラプラしてるので「寅さんみたいだな…」と自覚し、「でもロマンスも起きないし、1年のうち誰とも喋らない日の方が多いなぁ」と、厳密には寅さんとはかけ離れている。だけど、寅さんに親近感があるので”逆寅次郎”として日々を過ごし、孤独な独身者でも人生を充実させる方法を模索しています。